MENU
有限会社クリーブランド
飲食店をトータルサポート!業務用厨房機器・各種工事・飲食店運営サポート情報を発信。業務用厨房機器の販売を始め、クリーブランドの事業案内や取扱製品、Q&Aなどについてご紹介していきます。日々の活動内容や商品情報についてSNSでも情報を発信中!
半導体不足の為、納期に影響が生じております。

飲食店経営者様向け!クラウド会計ソフトとは?メリットや機能紹介・おすすめの会計ソフトを徹底比較

  • URLをコピーしました!

毎年の確定申告や年末調整に、頭を抱える経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。繰り返す法改正やさまざまな制度に、疲弊してしまうこともあるかもしれません。このような担当者側の負担を少しでも軽減させるため、近年クラウド会計ソフトの導入が進んでいます。今回は、クラウド会計ソフトとは何かということから必要性やメリット・基本機能やおすすめの会計ソフトの比較を行います。これからクラウド会計ソフトの導入を検討される飲食店経営者の方に向けて、丁寧且つ網羅的に解説します。

目次

クラウド会計ソフトとは?

インターネット上でデータの保管を行うクラウドサービスを活用した会計ソフトのことを、クラウド会計ソフトといいます。会計事務所や税理士事務所などで利用されることの多いこのソフトですが、近年は飲食店でも広く利用されています。クラウド会計ソフトを導入すると、会計業務における時間を大幅に削減できることから、需要が増加傾向にあります。保管されたデータは同期され、いつどこにいても最新の情報を会計士や税理士と共有可能となっています。もちろんリアルタイムに共有できるため、大変利便性の高い会計ソフトであると言えます。

クラウド会計ソフトの必要性

先述のようにクラウド会計ソフトを活用すると、会計業務における時間を大幅に削減可能となります。そのため、業務効率を重視する企業において、必要不可欠な製品となる可能性の非常に高い製品でもあります。また慢性的な課題となりやすいヒューマンエラーにお悩みの経営者の方も、クラウド会計ソフトの活用により問題を解決できる可能性が高いでしょう。実際にこのシステムを導入する企業が増加傾向にあることからも、クラウド会計ソフトの需要は今後さらに拡大すると予想できます。

クラウド会計ソフトのメリット・デメリット

クラウド会計ソフトのメリット

クラウド会計ソフトを導入することにより、さまざまなメリットが存在します。その中でも代表的なものとして、以下のメリットを享受できます。

メリット
  • いつでもどこでも活用可能

インターネット環境さえ確保できれば、いつどこにいてもクラウド会計ソフトを活用できます。わざわざダウンロードする手間も不要であり、パソコンやスマートフォン・タブレットなどのデバイスを問わず活用可能という利点もあります。OS制限もないため、社員が出張などで遠方にいても、問題なくデータの共有が行えます。またデータの管理もインターネット上で行われるので、盗難や紛失等の不安もありません。この他定期的なバックアップも不要なため、自由度の高い仕組みとなっています。

  • 複数人でのデータ共有

先述のようにデータの管理は全てインターネット上で行われるため、複数人でのデータ共有も行えます。会計業務を担当者1人が作業するようなケースであっても、必要とされる際には経営者の方もデータをチェックすることができます。また経営者の方の他、税理士に関しても最新データのチェックが可能となっています。そのため、会計データをバックアップしたり、メールで送付するような従来型の業務も一切不要です。このような内容からクラウド会計ソフトは、経営者の方と税理士のコミュニケーションにも寄与することが判明しています。

  • 他のサービスとの容易な連携

請求書管理システムやPOSレジなどとの連携が行えることも、クラウド会計ソフトを導入することの利点です。異なるサービスとの連携を行うことにより、請求書データやレジデータを売り上げとして計上されるため、会計担当者によるヒューマンエラーも防止できます。この他、異なる管理ソフトと連携を行うことで、入力業務などの工数も削減可能です

クラウド会計ソフトのデメリット

ここまでクラウド会計ソフトを導入するメリットに関し説明を行ってきました。しかしながら以下のようなデメリットも存在することから、導入前に把握しておく必要があります。

デメリット
  • 通信環境に左右される可能性

クラウド会計ソフトは、インターネット環境に依存しやすい製品です。例えばインターネットの使用不可能な通信環境に留まることにより、会計データのチェックや更新なども不可能となります。この現象は、通信障害やサーバーメンテナンス時にも発生する可能性の高いものです。このように、通信環境やトラブル・メンテナンスなどの影響を受ける恐れのあることは、導入前に知っておくべき情報であると言えます。

フレッツ光より安い!【SoftBank 光】

今ならフレッツ光から乗換えの方は 25,000円キャッシュバックキャンペーン中! 月額4,180円〜の超高速インターネット さらにソフトバンクの携帯・スマートフォンをご利用の方は スマート値引きで毎月最大2,000円値引!

クラウド会計ソフトの基本機能

税理士事務所や会計事務所、現在では飲食店経営者の方にも広く活用されているクラウド会計ソフトには、内容豊富でユーザーにとって満足度の高い機能が備えてあります。具体的にはどのような機能があり、どういう効果があるのか、触れていきます。

◇伝票入力

クラウド会計ソフトを活用し、伝票入力を行います。この電子作業により、業務効率を大きく向上させることができます。

◇帳簿入力

帳簿データをチェックしながら、データ入力を行います。盗難・紛失リスクを大きく減少させられるだけでなく、信頼度の向上にも役立ちます。基本の帳簿入力として現金出入帳や預金出入帳・売掛帳や買掛帳・経費帳などの入力は、全てのクラウド会計ソフトに備えられている内容になります。

◇仕訳

銀行明細などをそのまま取り込み、自動で仕訳業務を行います。これにより、作業効率の向上を期待できます。この他、学習機能も備わっているため、生産効率の向上にも寄与します。

◇資金管理

キャッシュフロー計算機能を活用し、現在の自社資金状況を視覚化させることができます。

◇支払管理

支払管理の電子化により、買掛金を正確に管理出来、支払い忘れといったミスの予防にも役立ちます。

◇予実管理

予実管理には予算編成のための予算管理も必要不可欠となりますが、クラウド会計ソフトにはもちろん予算管理機能も備えられています。そのため、正確な予実管理を実行できます。

◇経営分析

経営分析機能を活用し、現在の自社の経営状況を視覚化できます。またクラウド会計ソフトで経営分析を行うことで、迅速な経営判断を下すことも可能となります。

◇決算書作成

クラウド会計ソフトの活用により、正確でスピーディーな決算書の作成を、実現できます。

◇税申告

繰り返し改正される法改正に対応可能なのも、クラウド会計ソフトの強みです。法改正への対応にかかる費用の削減も、可能とされています。

◇固定資産管理

各固定資産の管理も、クラウド会計ソフトでスムーズに進みます。償却状況や減価償却のチェックを行う場合にも、利便性が高いと言えます。

◇データ連携

クラウド会計ソフト以外のシステムとのデータ連携を行えます。これにより、多くの相乗効果を期待できる機能でもあります。具体例として販売管理システムや購買管理システムなどのフローシステムとの連携は、業務効率化に大きく寄与します。

電子帳簿保存法改正について

2022年1月、会計業務に必要とされる書類や帳簿の保存を電子化させることを承認する、電子帳簿保存法が再び改正されました。これまでも社会情勢的観点から、繰り返しこの改正は行われてきました。電子帳簿保存法には、企業のさまざまな書類や帳簿の電子化やペーパーレス化を促進させられるというメリットがあります。そのため、生産効率に寄与する法律であると言えます。2022年1月の主な改正点は、以下になります。

◇事前承認手続きの廃止

事前に税務署調より承認を得る必要のあった電子調保存やスキャナ保存なども、2022年1月1日以降は事前承認が不必要となり、廃止されました。

◇タイムスタンプの要件緩和

スキャナ保存を行う際に必要となる電子データへのタイムスタンプに対し、付与期間が最長2カ月で決定されました。それに加え、スキャナで読み取る前段階に、受領者の署名を記す必要もなくなりました。また電子取引におけるタイムスタンプ要件にも、改正事項があります。国税庁の公式PDFが参考情報として有益なため、以下ご一読ください。

「タイムスタンプ要件に係るタイムスタンプの付与期間及び検索要件に係る検索項目について 「スキャナ保存(区分②)に関する改正事項」の2(1)と(4)と同趣旨の改正が行われたほか、基 準期間(注)の売上高が 1,000 万円以下である方(小規模な事業者)について、税務職員による 質問検査権に基づく電磁的記録のダウンロードの求めに応じることができるようにしている場合 には、検索要件の全てが不要とされました。」

引用元:国税庁公式PDF:~電子取引(区分③)に関する改正事項~

◇検索要件の緩和

これまでさまざまな項目の検索が必要でしたが、法改正後は日付・取引先・金額のみに限定されています。この他、国税庁に電子データのダウンロードを要求された際に随時対応可能なケースでは、検索要件の設定不要となりました。

◇電子取引における書面による保存の廃止

今回の法改正後からは、データを出力し紙ベースでの保存が承認されなくなりました。これにより、電子取引上での書面保存が廃止されました。

例えば、電子取引(ネットショッピングなど)で備品等を購入している場合は、領収書の書面での保存が認められなくなります。2022年1月から施工開始となっていますが、パソコンなどのデータ上にフォルダを整理して、年月日・金額・取引先で検索できるように保存しておく必要があります。

◇適正事務処理要件の廃止

今回の法改正後より、電子帳簿保存に対する企業内規約の整備や2名以上でのチェック機能強化といった要件が、廃止されています。これにより、電子帳簿保存を企業に導入しやすい環境が整っています。

インボイス制度について

2023年10月1日より、消費税の仕入税額控除の方法として、新たにインボイス制度が導入されることになります。インボイス制度とは、適格請求書保存方式のことであり、所定要件を満たす請求書などが、このインボイス制度に該当します。インボイスを発行あるいは保存することで、消費税の仕入額控除を受けられる仕組みです。この制度は売り手サイドと買い手サイドのどちらにも適用され、買い手サイドは原則売り手サイドより交付されたインボイスを保存する必要があります。また売り手サイドに関しては、適格請求書発行事業者になっている必要があり、この理由として適格請求書発行事業者でないと、インボイスの発行が不可能であるためとされています。国税庁の公式PDFには、インボイスに関するより詳細な内容の情報が明記されています。以下参考情報として、ご一読ください。

「問1 適格請求書等保存方式(いわゆる「インボイス制度」)の概要を教えてください。 

【答】 令和5年10月1日以後、区分記載請求書等保存方式における請求書等の保存に代えて、 「適格請求書発行事業者」から交付を受けた「適格請求書等」の保存が仕入税額控除の 要件となります。適格請求書発行事業者は、取引の相手方である課税事業者から求めら れた場合、適格請求書等の交付及び写しの保存が義務付けられます。 適格請求書には、区分記載請求書の記載事項に加え、適格請求書発行事業者登録番号、 適用税率及び税率ごとに区分して合計した消費税額等を記載する必要があります。 また、適格請求書等保存方式(以下「インボイス制度」といいます。)開始後、6年 間(令和5年10月から令和11年9月までの間)は、免税事業者等からの課税仕入れに ついて、仕入税額相当額の一定割合を仕入税額とみなして控除できる経過措置が設けら れています。 なお、この経過措置による仕入税額控除の適用に当たっては、免税事業者等から受領 する区分記載請求書等と同様の事項が記載された請求書等の保存とこの経過措置の適用 を受ける旨(80%控除・50%控除の特例を受ける課税仕入れである旨)を記載した帳 簿の保存が必要です。 この経過措置を適用できる期間等は、次のとおりです。 

引用元:国税庁公式PDF

・令和5年10月1日から令和8年9月30日までは仕入税額相当額の80% 

・令和8年10月1日から令和11年9月30日までは仕入税額相当額の50%

引用元:国税庁「適格請求書等保存方式の概要 」

おすすめのクラウド会計ソフト3選

ここからは、飲食店経営者の方に最もおすすめできるクラウド会計ソフトを、3つご紹介します。これら3社のシステムはどれも大変扱いやすく、初めてクラウド会計ソフトを活用されるという経営者の方にも最適な製品仕様となっています。それぞれ比較を行いながら、説明していきます。

スクロールできます
おすすめプラン利用料金利用人数製品特徴
弥生会計
オンライン
ベーシックプラン1年間無料次年度より
30,000円/年
1人まで初心者でも扱いやすい
マネーフォワード
クラウド
パーソナルプラン1カ月無料終了後より
11,760円/年
1人まで充実したサポート体制
freeeスタンダードプラン30日間無料終了後より
23,760円/年
3人まで良心的な利用人数

弥生会計オンライン

弥生会計株式会社のリリースしている弥生会計オンラインは、クラウドアプリとして定評のある製品です。初心者に扱いやすい仕様となっており、会計業務や簿記に対する知識が無くても活用することができます。必要機能も全て備えられているおり、マネーフォワードクラウドやfreeeのおすすめプランと比べると、シンプルで利便性の高い製品です。おすすめプランとして掲げたベーシックプランは、初年度無料であることや電話やメールによるサポートも受けられ、業務効率化に役立ちます。

個人事業主向けのクラウド確定申告ソフトはこちら

弥生会計オンライン

クラウド会計ソフトシェアNo.1 今最も利用されているクラウド会計ソフトです。  

※「クラウド会計ソフトの利用状況調査」

(2021年4月)-MM総研調べ

小規模法人向けの「弥生会計 オンライン」では、最大2年間0円の起業家応援キャンペーンを実施中です。

会計ソフト利用がはじめてでも、かんたんに使える製品設計 日々の記帳から確定申告/法人決算までおまかせできます。

簿記・会計の知識がなくても、 カンタン機能で、はじめての方でも迷いません。

ベーシックプランでは電話・メール・チャット・画面共有案内で会計業務を徹底フォローしてくれます。

マネーフォワードクラウド

株式会社マネーフォワードの提供するマネーフォワードクラウドは、飲食店を経営する個人事業主に向けたクラウド会計ソフトです。主に確定申告などに対応しており、業務にかかる時間を大きく削減することができます。おすすめプランとしてパーソナルプランを挙げているのは、年間費用を弥生会計オンラインやfreeeと比較をすると、リーズナブルな料金設定であることや、取引先の登録数が無制限であること・1カ月無料で活用可能であるなどの特典を含んでいることが理由となります。確定申告における全ての作業をサポートしてくれるため、飲食店経営者の方にとって、有益な機能が豊富に用意されているクラウド会計ソフトとなっています。

クラウド型会計ソフト マネーフォワード クラウド会計

会計事務所オススメNo.1ソフト

マネーフォワード クラウド会計

連携可能な銀行やクレジットカードなど金融関連サービス数国内No1の3,600以上。  

※2019年4月末日時点。マネーフォワード調べ

銀行やクレジットカードの連携で、会計処理や経理が大幅にラクになります。

バックオフィス業務が、ひとつで効率化できるソフト! 定額2,980円〜で経理や人事労務などに関するデータをクラウドで連携し、 業務の自動化を実現することで、生産性向上・経営の見える化を実現できます。

人工知能(AI)がビッグデータを元に勘定科目を提案。

マネーフォワード クラウドは使うほど賢くなって、自動入力・自動仕訳がどんどん楽になります。

マネーフォワード クラウドはご登録後1ヶ月間全ての機能をご利用することができる トライアル期間を設けております。ぜひご利用ください。

freee

freee株式会社のリリースするクラウド会計ソフトは、パソコンなどのデバイスに表示される質問に回答する形で申告書類の作成を行える製品です。そのため、アンケート感覚で誰でも気軽に扱いやすい仕組みとなっています。おすすめプランとして、チャットでの話ポートなどが受けられる、スタンダードプランを掲げました。弥生会計オンラインやマネーフォワードクラウドのおすすめプランと比べると、利用人数に余裕があることが分かります。スタンダードプランには年間課税売上高が1,000万円を超過することにより、消費税の申告が関わってきますが、日々の会計業務の作業効率を向上させたいケースで効果を発揮します。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

◆freeeのメリット 【”スマホ”に完全対応】

スマートフォン・タブレット専用アプリを用意 ‐領収書の管理〜確定申告までスマホで完結させることが可能 ‐「スマホで申告まで完結できる」という手軽さが人気の理由 【会計・簿記の知識不要 初心者OK】 ‐銀行・クレジットカードと連携して自動処理 ‐ステップに沿って質問に答えるだけで確定申告書類を作成 【電子申告にも完全対応でサクッと確定申告】 freeeの電子申告を活用すれば、作成した確定申告書をfreeeから、 サクッと電子申告することが可能です。

また、無料で使える開業書類作成サービス「開業freee」では、個人事業主として起業する際の届け出に必要な開業書類を、無料でカンタンに作成できるオンラインサービスを提供しています。

◆開業freeeのメリット 【最速&カンタンに開業書類が作れる】

  • 必要な情報をアンケート形式の画面に一度入力するだけで、開業書類が自動作成されます
  • 開業届以外の書類もまとめて一括で作成ができるので、面倒な記入作業も不要です
  • e-tax(電子申告)を利用すれば、オンライン上で開業届の提出が可能です
  • 書類をわざわざ印刷せずに、自宅からカンタンに届け出が完了します
  • 開業freeeは全て無料、ご利用料金は不要で利用できます

法改正後のクラウド会計ソフトの需要

電子帳簿保存法インボイス制度の導入により、法改正後のクラウド会計ソフトの需要はさらに高まることが予測されています。これには繰り返される法改正からの業務効率化を目指す多くの企業の存在があります。近年は飲食店経営者の方がクラウド会計ソフトを導入する事例も増加していることから、今後もますます需要の拡大する分野となるでしょう。また小規模事業者や中小企業などのデジタル化を推進させるため、国はIT導入補助金を助成すると定めています。これには、2023年10月より開始されるインボイス制度をスムーズにスタートさせるため導入するという政府の目的があります。多額の補助金を受け取れる可能性もあり、活用用途はクラウド会計ソフトの導入に充てる企業も大変多いといわれています。以下はIT補助金に関する、経済産業省の公式ウェブサイトによる解説です。

中小企業・小規模事業者のみなさまがITツール導入に活用いただける補助金です。

これまでの通常枠(A・B類型)に加え、令和3年度補正予算にてデジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型・複数社連携IT導入類型)も追加されました。

通常枠:類型ごとのプロセス要件を満たすものであり、労働生産性の向上に資するITツールであること。

デジタル化基盤導入類型:会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフト

引用元:IT導入補助金2022公式ホームページ

既に電子帳簿保存法やインボイス制度に完全対応しているクラウド会計ソフトも、現在進行形で増加しています。今後いつ新たな法改正がなされても決して慌てることのないよう、今から製品を導入されておくことを、強くおすすめします。

IT導入補助金ポータルサイト
IT導入補助金について | IT導入補助金 令和元年度補正予算「IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)」について簡単に説明しています。

まとめ

今回はクラウド会計ソフトに関し、飲食店経営者の方に向けて、網羅的な解説を行いました。ペーパーレス化の進む現代社会において、クラウド会計ソフトは今後、業界・業種を問わず、さらに導入の加速するシステムであるといわれています。その背景として、働き方改革やリモートワークの普及が大きく関係しているのは、ご存知の方も多いかもしれません。現段階で製品選定にお悩みの経営者の方は、ぜひ本記事でご紹介した比較製品を参考に、前向きな導入のご検討をされてみては如何でしょうか。導入資金に不安のある方は、ぜひ政府の推進するIT補助金をご活用されてみてください。他社製品との比較を行うことにより、自社に最適なクラウド会計ソフトの形が見えてきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる